2005年03月29日

夜戦

昨夜は,とりあえず英語のワークブック(高校からの宿題)が終わらぬ限りは寝ないと, 心に決めていた。
あと少しのところだったので,たぶん昨日中には寝られる,そう考えてのことだった。

結果的に,午後11時20分,無事に終わらせることができた。だがそのまま就寝というわけには行かず, PSPのポポロクロイスをやっていた。案の定。

(下記は感想になりますが,ネタバレになる可能性がありますので,リンクをクリックしてお読み下さい。)

とりあえず「女神マイラ編」第4章「闇の目覚め」(平成12年発売のPS版「ポポロクロイス物語II」第5章「邪神の復活」にあたる) まで到達,コトリコ島まで進む。

《竜の国》まで到達したときに,これはII同様にムービーパートとなったが,老竜神とサニアに扮したマイラの戦闘シーンは略されており, その後の通常マップによるイベント(ピエトロの泣き言のシーン)がムービーになっていた。
そちらのほうがムービー化するに相応しいと考えられたのか,と思いきやストーリーの展開も違う。(赤文字は変更点)

  • II:サニアの死→ピエトロが泣き言を言う→白騎士の鉄拳→我に返る
  • PSP:サニアの死→ピエトロが白騎士を突き飛ばして泣き言を言う→ナルシアのビンタ→我に返る(「そして・・・君がいるから」 とキザな台詞があったりする)

この展開の変更の意味はわからないが,最後の「キザな台詞」の後にはナルシアが呆然とするという構成のため, おそらくロマンスストーリーとしての性格を強めるための演出と思われる。

で,あれがムービーとなったことで,老竜神が,マップで見るよりも妙に大きく感じられたのは私だけでしょうか。

posted by Shin-kai at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ポポロクロイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。